FXで儲けるのは思い立った時!そうそれは今なのです!

通貨ペアについて

FXのトレードにおいて、「通貨ペア」を知らないと言う人は少ないでしょう。 簡単にまとめると、トレードの際に売買する通貨を選ばなくてはならないのですが、これはペアでセットになっていますので通貨ペアと言っているだけなのです。
もし、FXのトレードにおいてわかりやすく通貨ペアを組みたいのであれば、「日本円/米ドル」の通貨ペアでよいでしょう。
それと、FXのトレードをやっていく上で、全通貨の理解は必要でもありません。

無理に玄人のようなトレードをしようとして、全ての通貨を学ぼうとしていると、それだけで実際のFXには参加できずに歯がゆい思いをするでしょう・・・。
実際に知識を下手につけると、「リスク分散」と言うスタイルにこだわってしまい、かえってFXのトレードが上手くいかないと言うケースがあります。
それと、先ほどからFXのトレードでは「自分で選ぶのが当然」のように言っていますが、現代ではこのようなスタイルが当然と言うわけでもありません。
例えば、次のようなトレードスタイルもありますので、これが自分に合っていると言うものがあれば、コチラでFXのトレードをやってみましょう。

■スタッフに相談をする FX業者にはスタッフがいますが、スタッフに相談をするとスタッフ一押しの通貨ペアを教えてくれます。
※ 業者によっては通貨ペアの相談などのサービスが行われていないケースもありますので絶対ではありません。
FXのトレードに慣れていないのであれば、スタッフに頼ってみるのも悪くはないでしょうし、主に無料で利用できるサービスばかりです。

■プランで決める プランでFXのトレードを決めると言うものもあります。
「リスク分散型」などもありますので、安全でローリスク・ローリターンを目指す場合には、このような手段もあるのです。
余り無茶な内容が多い場合には、業者そのものを変えてみるのも手ですね。

通貨ペアの具体例

通貨ペアとは、売買する2国通貨の事です。
なので、FXのトレードを行う前には組み合わせをしないといけませんので、通貨ペアと呼ばれているものを決めてからトレードがスタートします。
具体的には、「米ドル/日本円、豪ドル/日本円、スイスフラン/日本円」となっているでしょう。
また、このような組み合わせがFXのトレードで選ばれやすい理由は以下の通りです。

■米ドル/日本円

「よく動く」と言う特徴があるので、FXのトレードでは人気が高いですね。
動かないと利益になりませんので、トレードでは相場が変化していないと困るわけです。
まず、経済が活発化していないと変動が見られませんので、この2つについては「それらの情報を集めやすい」と言うメリットもありますね。
日本円については言うまでもありません。
米ドルについては、FXのトレードを行っている業者がその情報を「トピックス」として一覧で見れるようにしていますので、トピックスを見ているだけでも相場の動向がわかったりするものです。

■豪ドル/日本円

今では、「スワップポイント」がありますので、日本円との相性が良く人気となっていますね。
スワップポイントと言うのは、実際に存在する金利差での儲けを言いますので、日本のように低金利の国の場合には高金利で相場が安定している国との相性が良いのです。
具体的に言うと、「豪ドルは3%以上の金利」がありますので、日本との金利差は2.9%以上なので、相場が動かないでも儲けられる道理となっているのです。
特に宣伝を行っているのは銀行なので、銀行で豪ドルの存在を知ることが多いでしょう。

■スイスフラン/日本円

永世中立国であるスイスなので、相場がほとんど変動しませんので「リスクが小さく」、大口投資においてはリスク分散で利用されやすいですね。
FXのトレードと通貨ペアをまとめるとこのような感じです。 その他にも多数の通貨ペアがありトレードを行う人ごとに合う・合わないが有りますのでFX比較まとめ HOT-FXのような解説サイトを参考にすると良いでしょう。

株などの取引後に最大2万円前後受け取れるというキャンペーン

とある証券会社から、口座開設後に取引などをすると最大で2万円前後のお金を受け取れるというキャンペーンが公開されています。流れとしては、次の通りです。

まずは証券会社に口座開設をする事です。ですが、口座開設をするだけでお金を受け取れるというものではありません。取引も必要ですので注意が必要です。

取引の対象となるものは、まず株式取引です。その株は、日本の株だけでなく他国の株なども対象となります。

そしてもっとも多くの金額を受け取れるのが、投資信託です。何らかの投資信託の商品を買うと最大で1万円前後のお金を受け取れます。

さらに、債券です。債券というのは、国債のようなものです。債券を購入すると最大で8千円前後が受け取れます。

以上、まずは口座開設をして各種の株の取引や投資信託などの購入などをするとお金を受け取れるというキャンペーン内容となっています。ちなみに、キャンペーン期間中は取引手数料のキャッシュバックなども行われるそうです。

ところで、それはFXの場合はどうなのでしょうか。実は、FXにもこのようなキャンペーンなどは多数有るものなのです。

そして、FXの場合も大体のキャンペーン内容は上記同様です。まずは口座開設をする事になります。そして多くのFX業者の場合は取引をする事でキャンペーンの対象となります。

ただし、FX業者の中には口座開設だけでキャンペーンの金額を受け取れるという内容もあります。中にはお金ではなく何か勉強の為の本を受け取れるというキャンペーンも有ります。

このキャンペーンだけで100万円を稼いだ人も居るぐらいです。非常に大きく稼げる可能性を秘めているのですが、取引の時に大損をしないようにだけ気をつけましょう。

リーマン・ショックに関係する嫌気という用語の重要性

リーマン・ショックという言葉は、「嫌気」という専門用語と大きな関係があります。読者の皆様も、リーマン・ショックという用語は今まで何度も耳にされていると思います。

ところで、そもそもリーマン・ショックは何が起こったのでしょうか。簡単に言うと、アメリカの大手の銀行が破綻をしてしまったのです。経営が健全かと思われていたのですが、現実には破綻をしてしまったのです。何ともネガティブな話ですが。

原因は借金だったのですが、ここでは詳細は割愛します。

いずれにしてもアメリカの大手銀行が破綻をしたとあっては、やはりアメリカに対する信用問題に関わります。その結果、多くの外貨が下落をしたという訳です。ユーロも豪ドルもスイスフランなども、多くの外貨は軒並み下落をしました。

ところで、それは冒頭に書いた「嫌気」と関係があります。嫌気というのは「これは駄目だ」という気持ちになる事を指します。株のニュースには頻出する専門用語の一つです。

つまり、外貨が下落をした理由というのはアメリカを信用できなくなったのが原因なのです。大手の銀行が破綻したというニュースによって、嫌気を感じて下落が生じたという訳です。

そしてリーマン・ショックというのは、FXでは大変重要な出来事の一つです。それに関連している用語という事は、嫌気という言葉も重要です。

何かのニュースでこの言葉を聞いた時には、リーマン・ショックの話も思い出して頂ければと思います。下落をいち早く察知する上で、有益になり得るかもしれないからです。そうなれば、売りのタイミングとも言えるからです。

逆に買い注文を出した後のタイミングでこの用語を聞いた時は、要注意かもしれません。その時は、損切りもきちんと考えましょう。

複数駅から徒歩圏内にあるビルと都心の駅から徒歩5分のビルの全く異なる雰囲気

東京の複数の駅から徒歩圏内に、とある6階建てのビルがあります。そして別の都心の駅から徒歩5分位の場所に、透明感が漂っているビルがあります。

私は前者の周辺エリアには足を運んだような記憶もあります。後者のビル周辺に関しては、もう確実に足を運んでいます。

そして、この2つのビルはFXと大きな関係が有ります。なぜなら、どちらのビルにもFX業者が事務所を構えているのです。

まず、外観を見て明らかに差が有る事が分かります。

前者のビルは、東京の典型的な一般企業が構えるビルという印象を受ける事はほぼ確実だと思われます。

後者のビルは、雰囲気がとても近代的ですね。誰が見ても透明感を感じる事だけは明らかです。

このようにビルの外観には差はあります。ですが、どちらのFX業者もかなり交通至便な場所にビルを構えているという共通点も有ります。

ただし、買い物に便利か否かは少々差が有るかもしれません。個人的には後者のビルの方が、買い物などにはやや便利なのかもしれません。

色々比較すると、両者は全く違う雰囲気を持つビルですね。建物の立派さという比較基準で考えると、後者の方が立派かとは思います。もっとも、ビルが立派だからと言ってそれがFX業者の経営が健全かどうかは判断ができないものです。

そしてこのような情報は、住所で検索をすれば簡単に分かるものなのです。今やこれだけインターネットが発達した世の中なのですから、ツールは十分に活用するのが賢明だろうと私は思います。

なによりFX業者の外観が分かると、業者へのイメージは大きく変わるものです。一度は調べてみましょう。

私の日払いの体験同様に過去のやり方を忘れて取引をする

FXでは過去のやり方を変える事は重要です。

過去のやり方を変えるというのは、過去のやり方が間違っていた時の場合です。

やり方が正解ならば、変える事はむしろマイナスになるかもしれません。

いずれにせよ、軌道修正は重要という訳です。

ところで、それは私も同じ経験をしました。

ただし、FXでの話ではなく仕事での話です。

昔、私は日払いの仕事をして生活を送っていた時期が有ります。

その仕事は、毎日職場が変わります。

読者の皆様の中にサラリーマンの方がいらっしゃれば、会社には「クライアント」というものが有る事はお分かりかと思います。

私は日払いの仕事をしていた時には、クライアントから課せられたミッションを達成するために仕事をする事になっていました。

ところで、私の日払いの仕事では複数のクライアントが居ました。

ある日はA社に行きますが、次の日はB社に行きます。

そのように、職場が日替わりで変わります。

そうなると、A社とB社のやり方に違いが有る事が分かってきます。

B社に対してA社のやり方で仕事をしようとすると、B社に怒られてしまうのです。

A社ではそれが正しい方法でも、B社にとっては間違った方法なのです。

私は、このような「会社によってやり方を変える」のに大変苦労をした事が有ります。

ですが、それはFXでも同様です。

今までのやり方では通用しないとなると、別のやり方に変えるべきなのです。

ただ、それは頭で分かっていても実行するのは大変ですね。

私の場合はB社に怒られてしまうのは困るので臨機応変にやり方を変える事はできました。

「A社のやり方はB社には通用しない」と割り切れたからです。

ですが、それはFXでは自分の信念を変えるという作業になります。

それは大変きついものです。

今までの自分を否定する事にもなるからです。

上記の私の日払いの仕事では「A社のやり方では駄目」と、一旦A社を忘れる程度で済みます。

ところがFXで損をしている時は、自分の考え方を変えなければいけないのです。

ですが自分の信念で損をしているのなら、信念を曲げる事も必要になってくるのです。

そうでないと損をしてしまうからです。

以上をまとめますと、過去のやり方が間違っていると分かったら信念を変える事も時には重要という事です。

キリが良い数字と大量の指値注文の関係

何度かFXで短期売買やデイトレードなどを経験していると、だんだん「キリが良い数字」が重要なポイントだと分かってくるものです。

例えば、米ドルの100円ちょうどという価格です。

これは、見るからキリがよい数字です。

実際、過去の米ドルの過去の値動きを見ると、リーマン・ショック以前は100円以下になろうと何回も挑戦をしていました。

そして、何回も跳ね返されて上昇していました。

逆に100円を割り込んだ後は、ものすごい勢いで急落しました。

では、なぜ跳ね返されたり急落したりしたのでしょうか。

実は、あの時は100円の少し上の100.1円や100.05円もしくは100円丁度などに大量の買いの指値が入っていたようなのです。

なぜなら100円という値段はキリが良いので、そう簡単には越えられない壁と考えていたトレーダーが多かったのです。

そのため米ドルが100円付近になると、一斉に指値で米ドルが買われます。

買われれば、当然米ドルは上がっていくという訳です。

逆に、100円を割れた時の99.9円付近に大量の売り注文の指値を入れていた人も多かったようです。

99.9円を記録すると、一斉に売られて急落につながったという説が有力視されています。

このように、キリの良い数字というものは何らかの指値が絡んでいる事がよく有ります。

あなたの取引している通貨がキリの良い数字に近づいた時は、上記の指値の話を思い出してみて下さい。

恐らく何らかのヒントになるものと私は確信しています。

ATM入金以外の入出金は全て無料というパターンが多い

FX業者の口座に対しては、ほぼ確実に入金と出金という手続きが発生します。そもそもFXという取引はお金を稼ぐために行うものです。したがって、まずは口座に入金をする必要があります。
さらに、もしも利益が発生した場合には出金も必要です。
せっかく稼いだお金ですから、出金をしない事には意味が有りません。
ところで、お金を稼ぐのが目的というからには手数料が気になってくるものです。現実には、それはどういう現状なのでしょうか。
とあるFX業者では、まずATMでの入金は手数料はかかります。ただし、それは銀行で振込をする際の振込手数料という意味です。FX業者からお金を徴収されるという意味ではありません。ATMでの振込手数料は顧客負担となります。
それでは、クイック入金はどうなのでしょうか。クイック入金は業者が負担をしてくれます。さらに出金に対しても、業者が振込手数料を負担してくれます。
この業者の手数料の設定は、たいていの業者に対しても当てはまりますね。
ですが中には例外も有ります。ある業者の場合は、1ヶ月に5回までの出金は無料となりますが、それ以降は手数料が別途かかってきます。つまり頻繁な出金は控えた方が賢明という事になります。
また、別の業者では出金額に応じて手数料が変わってきます。このような例外の料金体系を採用している業者も有りますが、たいていは出金は無料と考えて差し支えありません。
一つの基準として考えて頂ければと思います。

過去の値動きをトレンドラインで分析

FXで利益獲得を狙う時には、チャートというツールは必要不可欠です。簡単に言うと、過去の値動きをグラフにしたものです。主にロウソク形のグラフが用いられる事が多いですね。
これを利用する目的は過去の値動きの分析です。
過去の値動きを理解しておかない事には、いざ急落や急騰などが発生した時に適切な行動ができないからです。
そして、FXの過去の値動きを理解するためにはグラフに書き込んだりしなければならない事が非常に多いものです。
例えば、現在の価格が99.8円だとします。そして、過去に100円が非常に節目だったとします。なぜなら今まで何回も100円を超えて上昇しようと挑戦をしていたのですが、どうしても100円の壁に阻まれて上昇ができなかったからです。
こういう時は100円の値段に水平ラインを引きます。100円の値段に対して横一直線にラインを引きます。こうする事で、今後は99.8円から上昇をしていった時には100円が重要なポイントという事が分かるからです。
また、それまでの値動きにおいて斜めの線状の壁が価格上昇を阻んでいる事も非常に多いものです。そういう時には、斜めにラインを引きます。このようなラインの事をトレンドラインと呼ばれる事が有ります。
こうしてラインが幾つか引けたら、ラインを超えそうになった時にどのような売買をするかを色々と計画をする事が非常に重要です。
トレンドラインは、チャート分析の基本中の基本です。必ず覚えておきましょう。

利便性などは他の追随を許しません

皆さんは外為どっとコムという会社名を聞いた事はありますでしょうか?株式投資やFXをしたことのある人や、ビジネス雑誌などを良く読まれる方でしたら良く分かる会社名だと思います。
その名の通り外国為替取引を専門としている会社という事です。
外国為替を専門にしているので他のFX会社に比べましても安全性、利便性などは他の追随を許しません。
知名度だけでなく実際の実績に関しましても申し分ない業績を残しています。
FX口座数に比例しまして、預かり資産なども業界随一を誇っています。
口座数が業界ナンバーワンという事は新規口座開設を希望している人が一番多い会社という事ですので、初心者の方にも人気があるFX会社となっているのです。
では、なぜ外為どっとコムは他のFX会社に比べても人気があり、実績を残すことができるのでしょうか?それはやはり、新規口座開設者へのキャンペーンであり、実際に取引を行う上での特典が充実しているからと言えるのではないでしょうか?スプレッド幅縮小に加えまして、
システムの使い勝手の良さ、情報の多さなどが人気を博しているようです。
初めは、株式会社オリエント・トラディション・エフエックスという社名で頑張っていましたが、平成十五年の十月からはおなじみの外為どっとコムへと社名を変更しています。
社名を変更してからというものの、ニュージーランドドルやスイスフラン、カナダドルなど新たに取引することのできる通貨を増やしたり、FX取引をすればするほどポイントがたまり商品と交換することができるFXポイントサービスも開始しました。
これらの試みはFX業界では先端を行き新規会員を増やすことへとつながったようです。
他にもまだまだ新しい機能を随時追加しており初心者にとってもFXをやり慣れた方にも今まで以上の使いやすさにびっくりすることでしょう。
外為どっとコムはまだまだ進化していきます。
あなたも是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

ニコ生で事故をリアルに

珍しいですね。
ニコ生で事故をリアルに配信とかすげー確率だと思います。
だって有り得ないですからね。
まあ証拠としては有力だと思います。
ですが、良く映像取れましたね。それが凄いと思います。
奇跡のワンシーンですね。個人的にはすげート思います。
だって普通有り得ないですからね。偶然とは云え、
こんな事が起きる事自体凄いと思います。まあミラクルですね。
眼の前で事故起こされたら吃驚すると思いますよ。
ニコ生も色々と役に立つと云う事ですね。しかしすげー確率だと思いますよ。
生主吃驚だと思いますよ。まあ私は有り得ないと思います。吃驚ですね。
それでも警察としては重要な証拠扱いだと思います。
だって配信している時の画像ですからね。キャッシュで残ると思います。
まあそれでも命があるだけマシですけれどね。死んでたら大問題ですよ。
事故は何時起こるのか解らないですからね。
まあ安全運転していても貰い事故も有りますからね。
交通ルールを守る。大切な事です。私は怖い思いをしたく無いので、
出来るだけ運転は避けています。だって事故を起こしたくは無いですからね。
怖いですし。だからアンパイな方法で自転車です。それなら大した事故には繋がらないですからね。

女子中学生を¥25000で購入

これは売春ですね。
しかも使用と云う言葉にぞくぞくします。
おもちゃじゃないんですから。でも、
今でもテレクラってあるんですね。びっくりです。
出会い系サイトじゃなくてテレクラ。昭和って感じがしますね。
でも25000円とか微妙な値段ですが、軽い人身売買ですからね。
ホテルで使用とか、物ではありません。人間ですよ?それを考えろと思います。
性欲があるなら、風俗で良いじゃ無いですか。25000円も払えるなら、
十二分に風俗で遊ぶ事が出来ますよ。それがこれですからね。
中学で身体を売るなんて何を考えているの?て感じです。
親からしても驚きだと思いますよ。しかしなんで男って馬鹿が多いのですかね。
性欲があるならオナニーでも良いじゃ無いですか。それがこれですからね。
洒落に成って無いです。ホテル側も管理を確りとしろと思いますよ。
だって子供ですよ?受付で弾いたら良いじゃ無いですか。売上げ至上主義も良いですが、
法律に反する事は駄目だと思います。刑事問題ですからね。
これは色々と問題があると思います。でも良く売春なんて出来ますね。
金が欲しいなら、先ず親に相談でしょ、と思うのは私だけでは無いと思います。
中学で売春ですからね。駄目ですよ。売春良く無いです。