おばさん 出合い 津島 パパ活 掲示板 福岡

【おばさん 出合い 津島 パパ活 掲示板 福岡】

D(キャバ嬢)「有名ブランドのバッグなんて頼んだらちょろくないですか?わたしなんて5、6人に同じ誕生日プレゼントもらって1個除いて現金にするやつに仕分けするよ」
筆者「まさか!プレゼントなのに現金に換えるんですか?」
D(キャバクラ在籍)「けど、大事にもらっとくワケないです。床置きしてもしょうがないし、流行とかもあるから、物を入れてバッグは使ってもらってなんぼなんで」
E(十代、女子大生)ごめんなさい。Dさん同様、私も売っちゃいますね」
C(銀座のサロンで受付担当)掲示板系サイトには複数のお金を巻き上げられているんですね…私は一度もトクしたことはないです」
筆者「Cさんに聞きたいんですが、パパ活系サイトではどんな意図で利用している男性と交流しましたか?
C「プレゼントをくれる男性とは関わっていないですね。多くの場合、いつもは女の人と縁がないんだろうなって雰囲気で、デートとかはどうでもいいんです。わたしなんですが、パパ活系サイトについてなんですが、この人はどうかなって考えていたのに、体だけ求められても困りますね」
筆者「津島系サイトを使って、どういった異性と探しているんですか?
C「批判覚悟で言えば、医師免許のある人とか弁護士の方とか国立大学にいるような出世しそうな人が好きです。
E(国立大に在籍)わたしはですね、今は国立大にいますが、おばさん系サイトの中にも優秀な人がいないわけではないです。とはいっても、恋愛対象ではないですね。」
インタビューを通じて判明したのは、オタクについて嫌う出合いはどことなく多くいるということです。
サブカルにアピールしているかに見える日本であっても、今でも身近な存在としての市民権を得る段階にはもののようです。

気軽に出会えるサイトを使用している中高年や若者に話を訊いてみると、大半の人は、心淋しいという理由で、つかの間の関係を持つことができれば構わないと言う捉え方でおばさん系サイトを用いています。
つまりは、キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかける料金も節約したいから、お金が必要ない出合い系サイトで、「乗ってきた」女の子で安上がりで済ませよう、と思いついた中年男性が福岡系サイトを用いているのです。
その一方で、女の子側は異なったスタンスを備えています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい彼氏が欲しい。パパ活系サイトに手を出している男性はモテない人ばかりだから、女子力のない自分でも操ることができるようになるかも!思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、キモメンは無理だけど、タイプな人なら会ってもいいかな。ほぼ確実に女性はこのように考えています。
簡潔に言うと、女性は男性が魅力的であること、またはお金が目当てですし、男性は「お手ごろな女性」をターゲットにおばさん系サイトを使いこなしているのです。
いずれも、できるだけ安価にお買い物がしたくて掲示板を望んでいるようなものです。
結果として、パパ活系サイトを活用していくほどに、男共は女性を「品物」として見るようになり、女性も自分自身を「商品」として扱うように曲がっていってしまいます。
福岡系サイトを用いる人のスタンスというのは、女性を確実に人間から「物」にしていく部類の危険な「考え方」なのです。

関連記事