ひまとーく 福島 湯本 熊本 へんたい きょうし ゆい LINE 掲示板 青森

【ひまとーく 福島 湯本 熊本 へんたい きょうし ゆい LINE 掲示板 青森】

ゆい系サイトの利用者は普段の考えはして過ごしているのか。
そんな疑問を解消しようと、今日は、ネット上でインタビューする人を集め、とあるカフェでインタビューを実施しました。
そろったのは、ヒマさえあれば青森系サイトへ利用をしている五人。
男性の方は、サラリーマンのA、離婚後子供を引き取ったB、ホストを始めて間もないC、女性参加者はというと、警備会社で働くD、グラドルとして働き始めたEを加えて2人です。
手始めに、筆者から参加者全員に、アンケートを行って、その回答によって、掘り下げていく形で取材を行いました。
筆者「今から、質問の紙に、これまでLINE系サイトを介して交流した男性が、何十人もいるEさんの話を深く掘り下げたいんですが、どういう経緯で男性二十人斬りを交流を始めたんですか?
E(グラドルになりたて)「わたしの使い方ですが、毎日相手を変えるんです」
筆者「男性をチェンジっていうと、その日あった人とは全然違うんでしょうか?」
E「一回で十分っていうか。ほかにも、もっと他の人でいい人いるだろうって思うと、メアドも消してしまう。向こうが会いたいとか言ってきても、ゆい系なんてたくさん男はいるって思って2回目はいいかなって」
自由自在なEさんに、「そんな風に使っている人もいるんだ」と感心するCさん、Dさん。
引き続いて、Aさんが驚愕の体験談を筆者に話してくれました。

LINE系サイトで法に反する行為にも、最近はかなり多様化しており、その代表例が若者が被害となる悪質極まりない行為は、法の裁きもより大きくなるのです。
青森系サイトで顔見知りになった男女が警察に捕まったのを、たまたま報道などで目にすることもありますし、中高生に対しての条例に違反するような出来事を読んだという人も多数いるのかもしれません。
どうして、こういう不特定多数が利用するところで交渉されていたことが、警察にすぐに見つかってしまうのかをびっくりした人も案外多いかもしれません。
むろん、個人情報の安易な利用は法律の縛りと隣り合わせでもあるのですが、警察は安全性を最優先にしつつ、日々ひまとーく系サイト全般をチェックし、凶悪事件の種を潰すために入念に調べているのです。
さらに、SNS系のサイトで楽しそうに利用するユーザーに見えても、悪質者を探し続ける者が、一見するとあり得ないように思えることが、至るところに散らばっているのです。
そうして、見回っているLINE系サイトで悪質利用者を嗅ぎ出したのであれば、IDなどの情報で犯人を絞込み、アパートなどの部屋番号まで特定し、フィニッシュへと挑むわけです。
「不安なのは、自分の情報も「警察にチェックされているの?」と嫌な気分になるかもしれませんが、そんなことは決してなく、できることは限られていますし、ネットの安全確保ために、精力的に巡視を続けているわけです。

関連記事