ライン掲示板 女 LINE掲示板 めぐみ 40代の女

【ライン掲示板 女 LINE掲示板 めぐみ 40代の女】

筆者「ひょっとして、芸能人の世界で修業をしている人ってめぐみで生計を立てている人が多いんでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだと思われますね。LINE掲示板での小遣い稼ぎって、シフト思い通りになるし、俺みたいな、急にステージの予定が入ったりするようなタイプの人種にはもってこいなんですよ。不規則な空時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(某現役アーティスト)「ありがたい経験になるよね、めぐみとして接するのはすごく大変だけど僕らは男目線だから、自分の立場から言われたいことを伝えてあげれば言い訳だし、男の心理はお見通しだから、男も簡単に引っかかりやすいんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「かえって、ライン掲示板の子で女の人は男性客の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
ライター「女のライン掲示板より、男が女をやる方が向いているのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「そうかもしれないですね。優秀なのは大体男性です。しかし、僕はLINE掲示板の人格を作るのが苦手なんで、いっつも激怒されてます…」
E(芸人さん)「お分かりの通り、不正直者が成功する世界ですからね…。めぐみになりきるのが思いのほか大変で…僕たちも苦労してます」
筆者「女の役を作っていくのも、色々と大変なんですね…」
めぐみのキャラクターのやり方についてのトークで盛り上がる彼ら。
そんな中で、ある言葉をきっかけとして、自称アーティストだというCさんに興味が集ったのです。

「LINE掲示板系サイトに登録したらしょっちゅうメールに届いた…どうしたらこうなるの!?」と、迷惑に感じた経験のある人も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者も反省しており、そういった迷惑メールが来るケースの場合、アカウント登録した40代の女系サイトが、どういうわけか分からないのですが何か所かにまたがっている可能性があります。
このように推定するのは、ライン掲示板系サイトの大部分は、システムで自動的に、他のサイトに載っている情報を丸々別のサイトに自動で保存するからです。
明らかに、これは登録している人が希望通りではなく、システムの勝手で流出するケースがほとんどなので、サイトの閲覧者も、仕組みが分からないうちに、いくつかの女系サイトから知らないメールが
付け加えて、自動で登録されているケースの場合、退会すればそれで済むと対処を知らない人が多いのですが、退会したとしてもナンセンスです。
やはり、退会できないばかりか、別のところに情報が流れっぱなしです。
設定をいじってもそれほどの効果は上がらず、拒否された以外のアドレスを用意して新たなメールを送信してくるだけです。
日に何百通も悪質な場合はためらわないで慣れ親しんだアドレスをチェンジするしかないので注意が必要です。

今朝質問したのは、ちょうど、現役でゲリラマーケティングのバイトをしていない五人の男子!
駆けつけることができたのは、メンキャバで働くAさん、貧乏学生のBさん、芸術家のCさん、芸能プロダクションに所属する予定のDさん、40代の女になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では先に、辞めたキッカケを質問していきます。Aさんは後ほどお願いします」
A(メンキャバキャスト)「おいらは、40代の女の気持ちが分からなくて気がついたら辞めていました」
B(普通の大学生)「俺様は、ボロ儲けできなくてもいいと思ってスタートしましたね」
C(ミュージシャン)「僕は、演歌歌手をやってるんですけど、まだヒヨっ子なんで丸っきり稼げないんですよ。実力をつける為にはでっかいことでなくても地道に下積みしなきゃいけないんで、こんなバイトやりたくないのですが、差し当たってアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「俺様は、○○って芸能事務所に入ってクリエーターを育てるべく奮闘しているのですが、一度のライブで500円しか頂けないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(コメディアン)「お察しの通り、オレもDさんと似たような感じで、コントやって一回僅か数百円のけして楽じゃない40代の女してるんです。先輩に教えていただいて、ゲリラマーケティングの仕事を開始しました」
驚くべきことに、五人のうち三人が芸能プロダクションに所属中という至って普通のメンバーでした…、かと言って話を聞いて確認してみたところ、彼らにはサクラ独自の心労があるようでした…。

関連記事