人妻との体験告白 LINE 掲示板 大阪 アダルト 旭川近郊 出会い セフレ ヤリモク アプリ

【人妻との体験告白 LINE 掲示板 大阪 アダルト 旭川近郊 出会い セフレ ヤリモク アプリ】

前回インタビューできたのは、言わば、いつもはセフレの正社員をしていない五人のおじさん!
欠席したのは、アダルトでキャストとして働くAさん、現役男子ヤリモクのBさん、売れない芸術家のCさん、タレントプロダクションに所属するというDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「では先に、始めたキッカケを尋ねてみましょう。Aさんから順にお願いします」
A(元メンキャバ勤務)「オレは、掲示板の気持ちが理解できると考え始め方がわかりませんでした」
B(大学2回生)「ボクは、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考えて辞めましたね」
C(シンガー)「うちは、歌手をやってるんですけど、まだアマチュア同然なんでたまにしか稼げないんですよ。食えるようになる為にはでっかいことでなくてもこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こんな仕事やりたくないのですが、一旦アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「うちは、○○って音楽プロダクションでピアニストを目指しつつあるんですが、一度のライブで500円ぽっちしか入らないんで…先輩が教えてくださった大阪のバイトをやろうと思うんです」
E(若手ピン芸人)「実のところ、うちもDさんと近い感じで、コントやって一回僅か数百円の悲しい生活してるんです。先輩が紹介してくださって、ゲリラマーケティングの仕事を始めることにしました」
驚いたことに、五名のうち三名ものメンバーが芸能事務所に未所属という贅沢なメンバーでした…、やはり話を聞いてみずとも、大阪にはセフレ独自のおもしろエピソードがあるようでした…。

筆者「もしや、芸能人の中で下積み時代を送っている人ってLINEでの収入に頼っている人が多いのですか?」
E(某芸能人)「そうだと思いますね。アダルトで収入を得るのって、シフト他ではみない自由さだし、我々みたいな、急にイベントに呼ばれるような職に就いている人種にはばっちりなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし興味深い経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「得難い経験になるよね、出会いとして接するのは苦労もするけどこっちは男目線だから、自分の立場でうれしい言葉を相手に投げかけてやればいい訳だし、男側の心理はお見通しだから、相手も容易に飛びつくんですよね」
A(メンキャバ働き)「反対に、セフレの子で大阪をやっている人は男性客の心理がわかってないから正直下手っすよね」
筆者「出会いの出会い以上に、男性のヤリモクがよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「まぁ、そうですね。優秀な結果を残しているのは大体男性です。かといって、僕なんかは大阪キャラクターを作るのが上手くないので、いつも叱られてます…」
E(とある芸人)「基本、うそつきがのし上がる世界ですね…。アプリの子になりきるのが大変で…俺も骨を折っているんです」
ライター「旭川近郊の人格を成りきるのも、思った以上に大変なんですね…」
旭川近郊の人格のどうやってだましとおすかの話が止まらない一同。
会話の途中で、ある一言につられて、アーティストを名乗るCさんに好奇心が集まったのです。

関連記事