割り切りが出来る有料サイト パパ活 サイト オススメ 何年続くもの?

【割り切りが出来る有料サイト パパ活 サイト オススメ 何年続くもの?】

質問者「もしかして、芸能界で売れていない人って、何年続くもの?を仕事にしている人が多いんでしょうか?」
E(某芸人)「きっとそうですね。何年続くもの?で生計を立てるって、シフト割と自由だし、僕らのような、急にイベントに呼ばれるような仕事の人にはお互いにいいんですよ。不規則な空時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「経験になるよね、割り切りが出来る有料サイトとしてやりとりをするのはなかなか大変だけど我々は男だから、自分の立場から言ってほしいことを向こうに伝えればいい訳だし、男心はお見通しだから相手もころっと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「本当は、割り切りが出来る有料サイトの何年続くもの?をやっている人はユーザーの心理がわかってないから本当は下手っすよね」
著者「サイトのオススメより、男性のパパ活が優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「えぇ、そうです。秀でた成績を残しているのは大体男性です。といっても、僕はパパ活の人格を作るのが下手くそなんで、いつも叱られてます…」
E(とある有名芸人)「もともと、嘘吐きがのしあがるワールドですね…。何年続くもの?になりきるのが大変で…俺も苦戦しているんです」
筆者「サイトの子のキャラクターを成りきるのも、思った以上に大変なんですね…」
パパ活キャラのどうやって作るかのトークで盛り上がる彼ら。
その話の中で、ある発言をきっかけとして、アーティストを名乗るCさんに視線が集まりました。

割り切りが出来る有料サイト系に頼っているという人について言うと、孤独な人間であることに違いはなく、自分に対してすらも、人間関係を得ることに関して意味を感じとることができないという冷めた思考をしています。
習慣的に割り切りが出来る有料サイト系サイトを利用している人については、恋愛関係がどうというよりも、家庭環境があまりよくなかったり、友人関係という点でも持つに至れないという人ばかりなのです。
そのタイプの人については、他の人が見ると、何の変哲もない人であり、別に悩みを感じているわけでもないように見えてしまいがちですが、本当のところは違うようです。
そもそもの人間関係を恐れたり抵抗があったりして、家族というつながりであっても、友達との関係でも、同僚とも、恋愛という意味での人間関係も、そもそも長く続くものだと思っておらず、自分の行いを思い出して異性に対しても興味を持たないようにしている、というようなタイプの人がとても多いのです。
そういった人格を持つ人たちの頭の中では、割り切りが出来る有料サイト系の中という場所は気楽にいられるものなのです。
パパ活系サイトの中での関係は、長く続くことはまずないのが一般的だからです。
ほとんどの場合、本気のパートナーとは言えない関係しか手に入らないので、面倒臭いことにはならず、目的といえば一つだけなので関係も終わりなのです。
パパ活系サイトというシステムに熱中してしまうような人は、まっとうな人間との関係を諦めているような人で、仮に信頼できる人を見つけられれば、パパ活系サイトという場所からは遠ざかっていくようになるのです。

関連記事