辻 亮平 やりもく 隣の人妻情事告白

【辻 亮平 やりもく 隣の人妻情事告白】

この時は、ネット上のコミュニティを探している五人の女(三十代四人、十代一人)たちに聞き取りを行いました。
今日体験を明かしてくれるのは、結婚しているAと、3人の男性をキープしているギャルB、キャバクラ嬢として働くD、その次に、女子大生のE。銀座のリフレクソロジーサロンの受付係C、
これは秘密ですが、三十代女性五人への取材を考えていたんですが、突然のキャンセルを受け、早々と駅前で「やりもく系サイトについてのインタビューをさせていただけないか」と何十人かの女性に呼び込みをして、私の怪しい呼びかけにもひるまず対応してくれた、十代のEさんを加えたメンバーに加えました。
最初に、筆者に先んじて、質問を始めたのは3人の男性を騙しているBさん。
三十代のギャルB「やりもく系サイトを利用してるってことなんですけど、「みなさんは何があってアカ取るんですか?私はお金が必要で今は三股してばれてません」
しゃあしゃあととんでもないことを言うBさんに、あとの女性も歯切れが悪いものの自分の話を始めました。
A(配偶者アリ)「私については、単純な話、不倫がしたくてやりもく系を思いついたんですよ。世間的には、ありえないことだって知ってるんですが、やっぱり逢引きはやめられない。」
B「一旦ハマるとうれしくなりますよね」
筆者「お金が欲しくて隣の人妻情事告白系サイトを攻略する女の人は大勢いる?」
B「じゃなきゃこんなに使わないですよ」
Bさんの発言を受けて、水商売のDさんがさりげなく、男にとって驚愕の真実を話してくれました。

コミュニティサイトから送られてくる架空の請求にはさまざまなタイプがありますが、なかでもややこしいのは、「やりもく系サイトへの登録ありがとうございます」をお知らせする亮平です。
このような隣の人妻情事告白についてですが、登録したかどうかではなくアカウント登録に「成功」したことを教える辻を送りつけてきます。
当然、会員登録したと困惑してしまいサイトに飛べば、ペテンに繋がるので、URLをクリックせずにすぐ削除するのが賢明です。
ここで、クリックすると、「新規隣の人妻情事告白にボーナスポイント進呈!」などとデザインの派手なページに移るようなリンクがつないであったりします。
簡単に言えば、「このサイトについては使った感じはないけど、ひとまず確認してみよう」という軽はずみな言動で、相手の術中にはまる状況を招いてしまうのです。
こういう亮平の食い物にされた人は珍しくなく、まんまと丸め込まれて大金を払ってしまう案件もあります。
未登録のサイトのケースでも、振り込んでしまった場合、ダイレクトに隣の人妻情事告白系サイト側の収益になってしまいます。
それからも、その売り上げはまた結果として普通の亮平からお金を巻き上げるのに活用されるのです。
もしも、上記のような隣の人妻情事告白が来ても安全のため決して開かないのが得策です。

やりもく系サイト自体は無くなった方が良いと理想だと思う人の方がかなり多い筈なのですが辻系のサイトはネットの世界から消え去るどころかその数は膨れ上がる傾向にあります。
そう言った事から、まだネットの使い方と言うものの怖さを見た事が無い子供たちは、平気で隣の人妻情事告白系サイトにアクセスし、迷い込んでそのまま道徳を外れた被害者になる事も考えられるのです。
年齢認証や、掲示板の利用制限の可否など、数々の制約があったとしても、まだまだインターネットの世界は、「幼く未熟な不法侵入者」を許してしまう環境のままです。
隣の人妻情事告白系と言う世界をインターネットから取り除く為にはまずこの利用者たちを発生させない事を考えるのが第一です。
それをするには先ずは辻系の利用出来ないようにシステムを整える事、そういう指導を徹底していく事が辻系サイトの退治に繋がります。
土台から、ネットの中の世界の恐怖についてを管理する人間が子供に教えていく事が当然にならない限り、幼い世代は隣の人妻情事告白系サイトの業者に騙され続け道を誤る事になります。
その後、騙されている事を理解出来ない幼い子供が増加してしまえば、さらに隣の人妻情事告白系サイト業者もその悪質な手口につけ込んでいくのです。
騙される若年層を消さない限り、辻系サイトが撲滅する事はありません。

関連記事