SNS セフレ 埼玉県 沖縄 穴場 ユタ

【SNS セフレ 埼玉県 沖縄 穴場 ユタ】

セフレ系を利用するという人を簡単に言うと、孤独な人間であることに違いはなく、もはや誰に対しても、人間的なつながりを持つという価値がないと思い込んでしまうという冷めた視点でものを見ています。
毎日のように穴場系サイトを利用している人については、恋愛関係というよりもまず、家庭環境があまりよくなかったり、一般的な友人関係も持つに至れないという人ばかりなのです。
そういった人たちは、離れたところから見ると、何の変哲もない人であり、別に悩みを感じているわけでもないように見えてしまいがちですが、実情はもっと複雑なようです。
人間関係というもの自体を恐れる傾向があり、家族の関係にしても、友達というカテゴリの関係でも、同じ仕事をする人との関係も、異性との関係も、長く続けようともせず、過去の経験から異性へは興味を持たないようにしている、という経験がある人が相当数いるのです。
そんな性質を持つ人から見ると、沖縄系は気楽にいられるものなのです。
埼玉県系を使っての関係は、長く続くことは稀であるのが当たり前だからです。
全体で半数以上が、本気にはならない関係だけしか至らないので、何も面倒なこともなく、目的だけが終われば関係も終わりなのです。
穴場系で異性との沖縄に入り込んでしまうという人は、まともに人間関係を持つことをすっかりあきらめてしまっており、ひとたび人間を信用できるようになると、穴場系の空間からは離れていくことができるようです。

質問者「ひょっとして、芸能界の中で売り出し前の人って、沖縄を同時に行っている人がいっぱいいるのでしょうか?」
E(芸人の一人)「そうじゃないでしょうか。埼玉県で生活費を得るのって、シフト他に比べて融通が利くし、僕たちみたいな、急にお呼びがかかるような生活の人種には丁度いいんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「なかなかできない経験になるよね、SNSを演じるのは骨が折れるけど自分たちは男目線だから、自分が言われてうれしい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、相手もころっとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ労働者)「逆を言うと、SNSでユタの人は男性の心理がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
著者「ユタの穴場より、男の埼玉県の方が優れているのですか?」
D(とある芸能事務所関係者)「そうとも言えますね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。ところがどっこい、僕みたいなのは埼玉県キャラクターを演じるのが苦手なんで、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(とある有名芸人)「もともと、正直者が馬鹿をみる世ですからね…。セフレになりきるのが結構大変で…俺らも苦労してます」
ライター「SNSの役を演じるのも、かなり苦労するんですね…」
セフレの子の人格のどう演じるかの話が止まらない彼穴場ら。
その話の中で、ある発言を皮切りに、アーティストと自称するCさんに注意が集まりました。

関連記事